一人十郷 - takuminasuno.com一人十郷
takuminasuno.com
食べ物
2015/08/24

【ぐんぐん育つ】8月の棚倉町で見つけてしまった荏胡麻の生命力

Perilla at Tanagura Town

先週行った棚倉町を振り返っています。今回棚倉町で意外すぎて一番ビックリしたのは荏胡麻(えごま)の生命力。6月に見たときは小さな苗ぐらいだったのが、思いっきり大きく育っています。

紫蘇(しそ)と似たような感じで育つのかなぁと思っていたら、紫蘇よりも断然高くて密集しています。9月末から10月始めの収穫に向けて、これからもっと育っていくんでしょうね。

 

Close-Photo of Perilla at Tanagura Town

近くに寄ると、あの荏胡麻の香ばしい香りが強烈に主張してきます。まるで、ハーブ園にいるようです。

 

Perilla from Bottom at Tanagura Town

下から見るとその高さが分かります。紫蘇の倍くらいじゃないでしょうか。スーパーでは油以外にも葉っぱ自身も売っているので、両方ちゃんと売れると結構な稼ぎになりそうです。

とはいうものの、荏胡麻油は種からとるわけで、町の人に聞いたところによると、荏胡麻の種をとるのは人力でしか出来ないとのこと。これが大変で大変で。その大変さゆえに、荏胡麻の栽培も減っているんだとか。全国的にブームになっているだけに、何か打開策が欲しいところですね。

機械化?いい感じの農具の開発?他の町で画期的な採集技術はあるのでしょうか?ちょっと調べてみたいところです。もし知っている方、アイディアのある方いらっしゃいましたら、是非ご一報ください。

 

Perilla Oil from Tanagura Town

そんな荏胡麻が油になると、高級食材になっちゃいます。よく比較される胡麻油はスーパーで300円前後から売っていますが、荏胡麻油は市価がだいたい1500円前後からとなっており、かなりの高値です。それだけ、作るのが大変なんですね。

ただ、荏胡麻油は作るのが大変だから高いわけではなく、とても健康にいい食材です。血流改善や動脈硬化防止に役立つとされるα-リノレン酸が豊富に含まれ、しかも料理に使って簡単に摂取できるため、全国的に売り切れが続いているみたいです。棚倉町ではそれなりに在庫ありましたけどね(笑)

 

Explanation of Perilla Oil from Tanagura Town

ちなみにこの荏胡麻油、棚倉町で健康食品を生産、販売している日本メグスリノキ本舗さんのものです。荏胡麻やブルーベリーを中心に、いろいろな商品を展開しています。

残念ながら、ウェブサイトは無いみたいですが、棚倉町に来た際は、是非お買い求めください。

同じカテゴリーの投稿もどうぞ!
この春リニューアルしたトリプレッソのパッケージを見る!【2021年4月】
食べ物
2021/04/11
この春リニューアルしたトリプレッソのパッケージを見る!【2021年4月】
+40ml増量で盛り上がるトリプレッソの近況を書く【2020年4月】
食べ物
2020/04/12
+40ml増量で盛り上がるトリプレッソの近況を書く【2020年4月】
夢の『晩ご飯テイクアウトサービス』を日本に普及させるための考察と4つのプランを勝手に書いてみた
食べ物
2020/02/02
夢の『晩ご飯テイクアウトサービス』を日本に普及させるための考察と4つのプランを勝手に書いてみた
オオゼキという観点から見た大森という街の特異性について、データと観察結果をもとに考察してみた
食べ物
2019/08/04
オオゼキという観点から見た大森という街の特異性について、データと観察結果をもとに考察してみた
オオゼキとわたしと『手つくり牧草のヨーグルト』
食べ物
2019/07/07
オオゼキとわたしと『手つくり牧草のヨーグルト』
ブログ著者について
那須野 拓実(なすの たくみ)。たなぐら応援大使(福島県棚倉町)。トリプレッソを勝手に応援する人。ネイチャーフォト中心の多言語ブログを書いてます。本業はIT&マーケティング界隈でナレッジマネジメントとかデータ分析とかの何でも屋。半年間の育休明けで、家事育児と外働きのバランスを模索中。